チラシで集客する時に必要なこと

チラシ印刷で効果的に宣伝する|格安業者がお得

紙質による違い

色見本

商品の紹介やキャンペーンのお知らせ、店舗開店の宣伝などを行いたい場合、ホームページに掲載する方法もありますが、それではネットを利用しない人は気づくことができません。より多くの人に宣伝するためにチラシ印刷を行ないましょう。チラシ印刷を行うと、郵便受けに投函したり店頭に置いたりすることができるため、様々な人の目に触れることができます。
チラシ印刷を行う印刷会社では数多くのサービスを用意しているので、目的に合わせたチラシ印刷が行えます。例えば、紙の種類が豊富に用意されていて、紙質や厚みを自由に選ぶことが可能です。印刷会社によって利用できる紙質は異なりますが、一般的によく用意されているのはコート紙やマットコート紙、上質紙というものです。まず、コート紙というのは紙の表面に光沢加工がされたもので、印刷するとインクの発色が鮮やかになります。写真を使用したものやフルカラーのチラシ印刷など、色を鮮やかに出したい場合に適した紙質です。一方マットコート紙というのは、紙の表面に光沢のないコート剤が塗られています。コート紙の場合は表面がツルツルしているため上から文字を書くことは困難ですが、マットコート紙なら記入ができるため、メッセージを記入したいなどに適しています。コート紙ほど鮮やかな発色にはなりませんが、シックな印象になるのでターゲット層に合わせて使い分けることも可能です。これら2つとは異なり上質紙にはコート剤が塗られておらず、安い費用でチラシ印刷が行えます。色数が少ない印刷や写真を使わないものに適しています。

安くする工夫

CMYK

チラシ印刷を激安で行ないたいなら、安いコースを選んで注文しましょう。例えば、よく利用される紙種の枚数を多く用意して、1枚あたりの費用を抑えているコースがあります。

もっと読む

目立たせて宣伝効果アップ

広告

特殊紙や特殊加工を使用すると、人目につきやすいフライヤー印刷が行えます。どんな紙や加工を選ぶかによって印象が変わるので、事前に印刷見本を取り寄せて仕上がりを確認しましょう。

もっと読む

比較して失敗しない

カラーチャート

格安でチラシ印刷を行う会社は数多くありますが、技術や料金の設定方法などはそれぞれ異なります。チラシ印刷を依頼する前に、よく調べて複数の会社を比較するようにしましょう。

もっと読む